スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッドデッドリデンプション2はどんな風なゲームなんだろう?

今月の10月26日に発売予定のロックスターゲームスのレッドデッドリデンプション2がようやく幕を開ける準備段階といったところでしょうか。海外メディアではすでにゲームを遊ばれた方がおらっしゃるようで、うらやましい限りといったところです。今作は前作よりも前の時代を描いているので、とくにキャラクターやらストーリーは気にせずに遊べるというのは遊びやすさや、入りやすさを感じさせるものがございます。

基本的には銃撃戦とミッション攻略が主となるゲームなので、どこまでボリュームがあるのか気になりますが、少し前に明らかになった105GBの空き容量がPS4版では必要だということが明らかになったので、そういったゲームボリューム的なものは満足できるものにはなっているとは思う。

レッドデッドリデンプション2のストーリーと舞台
物語
1899年、アメリカ。開拓時代が終わり、法執行官は無法者のギャングを一掃し始めた。降伏や屈服しない者たちは、次々にその命を奪われていった。

西部の町、ブラックウォーターで大掛かりな強盗に失敗した後、アーサー・モーガンとダッチギャングは逃亡を余儀なくされる。連邦捜査官と国中の賞金稼ぎに追われる中、ギャングたちが生き延びるためにはアメリカの荒れた土地で強奪、暴力、盗みを働くしかなかった。抗争に関わるほど、ギャングはバラバラにされる危機に見舞われる。アーサーは、自らの理想と自分を育ててくれたギャングへの忠誠、そのどちらかの選択を迫られる。

GTA5とレッドデッドリデンプション2のクリエイター陣がお届けするレッドデッドリデンプション2では、幕が上がったばかりの現代アメリカを舞台に、壮大な物語が描かれます。2018年10月26日、PS4とXbox One に登場します。


開拓地や町
ウェストエリザベスの森、アンバリーノの山々、ニューハノーバーの平原、ルモワンの沼地…。雄大で多様な風景が広がるレッドデッドリデンプション2の世界に散りばめられた町や地域を探索しよう。ハートランドに位置するバレンタイン。粗野で騒々しいこの町では家畜の競売が行われ、遠路から商人、農牧家、カウボーイ、賭博家、無法者や商売女さえも集ってくる。稼いで飲んで騒いで、楽しいときを過ごすために…。

炭鉱の町、アンズバーグでの人々の暮らしは過酷だ。一世紀近くに渡りラナッチェ川の上へ下へと石炭を供給し続けてきた。労働者の賃金は低く、労働環境は劣悪で、この町の男の多くが探鉱作業中に命を失った。北アメリカへの入り口であり、アメリカを貫く商業ルートで重要な位置を占めるサンドニ。ここでは文化と人々がごった返し、ビジネスマン、資産家、船乗り、労働者、物乞い、泥棒までもが隣り合わせに暮らしている。

雪深きハーゲン山。アンバリーノのグリズリーにある、名高き山の1つ。西にイザベラ湖を眺めてそびえるこの山の東にはベアトゥース小川が走り、西部山岳地帯を通る主要道路が南方のダコタ川まで通じている。表面上は礼儀正しく上品な南部の町、ローズ。しかし敵対意識や政治の腐敗はこの町に根深く残っている。というのは、かつて地主として栄えた2つの旧家、ブレイスウェイト家とグレイ家による長年の対立があり…。

ストロベリーは、小さな林業の町でしかなかった。しかし東海岸からやってきた風変わりな新市長は、ここに金持ちの観光客を呼び込み、文化の中心地にするべく町おこしを試みている。もっとも、これは地元住人の間では困惑を呼んでいる。ルモワンのバイユーンワにある、小さく孤立した沼地の入植地ラグラス。ここの住人は専ら自給自足で生活を営み、釣りをしたり、地域の案内人として、僅かばかりの生活費を稼いでいる。


感想
馬でアメリカ大陸を縦横無尽に駆け巡り、尚且つミッションをクリアしつつ、オープンワールドを自由に楽しめる西部といえば、やっぱレッドデッドリデンプション2に限るか。アーサー・モーガンの活躍がどんな感じで描かれるのか未だよく分からないが、ダッチギャングの人数を見ると、仲間は結構いるんだよな。ジョン・マーストンといった前作の主人公も登場するし、彼らがどのような流れで無法者の時代を終えたのか、この目で見るには見納めゲームとなってしまう予感も少しはするかな。

前作で最終的に生き残りはジャック・マーストンだけになったような感じだったので、あれがレッドデッドシリーズの最後とするなら、ゲームが売れたら売れたで、続編はさらに過去の時代へとさかのぼるゲームになってしまいそう!?いずれにしてもRDR2がどのくらい世界規模で売れるのか見ものといったところでしょうか。
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。