amiiboカードにいくらお金をつぎ込む人いるんだろ

最近は雨が多くて部屋の中はどこか湿気漂う季節になってきましたね。
今週はあれだ。任天堂から発売されるという、どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー
やっと発売されるのかといったところだ。
何かを作って楽しむゲームって最近人気が上がってきたジャンルでしょうか。

何が新しいかというとカード型アミーボでどうぶつ達を呼びこむことができることや、
amiiboカードを使って家具の受け渡しができることあたりでしょうな。
何かと小物関係も進化している部分も見受けられますが、
ゲームの遊びを工夫することはまことに制作側からすれば大変なことであろう。
ニンテンドー3DS本体の性能も限られているので後付製品は難しいでしょうな。

それでどうぶつの森ハッピーホームデザイナーでは家を作って楽しむといったことが
本作のテーマになっているため、ここらが楽しめるかどうかで分かれるところがある
ゲームかと私的に感じました。
動物たちもかなりの数で存在するので、何かと作ることに念頭をおいたゲームですので、
基本的にクラフト系が苦手なかたはすぐに飽きそうな予感がしますね。



別売りのamiiboカードがいや実に枚数が多いので集めるまでが大変かと思うが、
全部コンプリートしようものなら一体いくらお金がかかるのか気になるものでございます。
まあ何もしないよりはアミーボカードを使ったほうがより楽しく遊べるシステムでしょうか。
3枚で300円なのでそれなりの値段がしますが、子供向けかと思う値段かと思えば、
現在では在庫状況がほとんどない状態なので、そもそも手に入るかどうか怪しい・・・

Wii Uのアミーボフェスティバルとは連動要素で遊べると発表されていたけども、
どこまで遊べるのかが不明なのでまだなんとも言えない状況でありますが、
やはりこういった形でユーザーを横渡ししてWii Uの売り上げも伸ばそうと考えていいるのが
任天堂の売り方なのでしょう。

家とか施設を作って楽しむのが基本的な内容となってますが、
あとは何があるのかあまり公式サイトを見ても分からないですね。
1日の時間のなかで動物のお客は何人まで来訪するのか謎だし、
家具の設置状況によりどれほど変わるものなのかが未だよく知られていない状況だ。

今回はながながと組んだニンテンドーダイレクトで発表することもなかったので、
こんな調子でハッピーホームデザイナーが発売されるかと考えると、
あえて情報を深く公開することなく発売してしまおうという狙いなのかしら。
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSS