スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柳ジョージ氏が死去

横浜生まれのロック歌手で、ブルースの得今日を受けた柳ジョージ氏だが、
2011年10月14日に亡くなっていたそうです。
亡くなる前の年齢は63歳。

 ヒット曲を生み82年にはソロで活動し、2005年にレイニーウッドを再結成した。
柳ジョージ(本名:柳譲治)氏は、柳ジョージ&レイニーウッドでFREEWAYの
事務所に所属していたが、事務所の社長は「70年代半ばにスタジオで初めて出会った。
サム・クックの歌を酔っぱらいながら歌ったんだけど、とにかく凄かった。
いまだにあの衝撃が忘れられない」と語ったそうだ。

 ギターテクニックはそれほどでもなかったけど、
レイ・チャールズと共演ライブを行った経緯もあり、米国でもそこそこ評価された方だった。
柳ジョージ氏は、糖尿病が悪化で入退院を繰り返していたが亡くなられたそうだ。
また一人70~80年代で人気だった歌手が亡くなったのは残念なことです。
ご冥福をお祈りします。
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。