スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しくじり先生 二時間スペシャル『村主章枝先生』『錦野旦先生』の感想

1月28日に放送していた番組のしくじり先生 二時間スペシャル『村主章枝先生』『錦野旦先生』を見てみた。まず一人目は村主章枝先生という、フィギュアスケートのオリンピックに出場しようと頑張るがあまりしくじってしまった先生らしい。

フィギュアスケートとは実にお金のかかるスポーツで、オリンピックに出れるように頑張ろうと思うと、年間で二千万円ほど必要になってくるのだという。そのためスポンサーから切られたあとは、両親の老後の貯金を食い潰してオリンピック選手になろうとしたのだという。

いや~怖いですね。はじめは子供の頃は単に趣味でスケートを始めただけに過ぎなかったが、勝つとかオリンピックに出るといった信念を持ちすぎてしまったことにより、引退という引き際を通り越して、結局はいっぱいお金を使いまくって、結果を残せずに三十台になってようやく引退を決意したのだとか。


やはりオリンピック選手とは若いうちまでは花であり絶頂期。それを過ぎると良い結果を残せず、また新しい選手も次々と登場するので、素直に次の世代にバトンを渡す必要があるんだなとテレビを見て思った。

やっぱオリンピック選手になるほど実力も高かったわけですから、プライドも人一倍強かったんだと思う。そのプライドの高さ故に、なかなかフィギュアスケートを辞めれずに結果不幸になっていった感じですね。今では振付師の手伝いをやっているみたいですが、親の老後の資金は返す気でいるのかしら・・・

続きを読む


スポンサーサイト

新日本プロレス1.4東京ドームのオカダ・カズチカvs内藤哲也の試合を観る

テレビ中継で一体いつになったら、新日本プロレス1.4東京ドームの試合を観れるんだ?と思っていたら、ようやくテレビで放送されたので眺めてみた。放送されるのに一か月近くかかるのかよ・・・。番組の編集作業はそんなにかかるのかと思いながら、オカダ・カズチカvs内藤哲也の試合を観てみたら、オカダが最後にレインメーカーを二度決めて内藤に勝利してました。

放送席には蝶野正洋などもおり、新日本の実況席として固定化されてゆくのだろうか。それはさておき、IWGPヘビー級王座というだけあって内藤もいつになく緊張していた試合運びのようにも感じられた。開幕のなかなかお互い組み合わないプロレス運びというのは、やはりベルトがかかった大一番を感じさせるところがあるが、それはプロレスではお決まりになってるのかな・・・。そこで一言「トランキーロ」と話す訳でもなく、そもそも内藤はいつもの余裕が無いのが敗退の原因だったのかも!?

オカダもコブラクラッチという大谷が使用してた技をひっさげた訳だが、あれは本人から習った技なんだろうか?オカダは首攻めばかりこだわるところがあって、首技は完成された印象はあるが、肝心のレインメーカーのヒット率があまり良くないのが問題なんだよな。一発目にレインメーカーがヒットしたときは、これで3カウント入るかなと思いきや、やはり東京ドームなので内藤もここぞとばかりに気合と根性で返してくる。内藤もデスティーノを食らわせるなどして、どちらも得意技を出し切ったが、最後はオカダのスタミナがやや上だったのかなとった印象だろうか。

続きを読む


無人島0円生活のよゐこ vs 破天荒のナスDを見る

今日は去年の12月29日に放送された、無人島0円生活のよゐこ vs 破天荒のナスDを眺めてみた。よゐこの無人島生活は今回で第何回目になるんだろう?未だにこのシリーズは継続して放送されているということは、それなりに視聴率が良くて好評だったりするのかな?でも、それだけサバイバル生活への憧れというか、テレビを見入ってしまう番組といった感じか。何にしてもこのシリーズはずいぶん続いたな~

んで、今回の対決は芸能人でもなく、無人島生活のディレクターを務めていたというナスDとの対戦だった。なんで芸能人でもない人と対決せにゃアカンの?と初めは思っていたが、番組を行う前にロケハンとかを行っているようで、要するによゐこの師匠みたいな人なんだよね。それである意味、最強の対戦相手みたいなものだから対戦したという流れみたいな感じだった。ぶっちゃけ、無人島へ行ってくれる芸能人がいなかったんじゃないのか?という気も若干するんだよな。

とりあえず放送時間が4時間40分と実に長い映像だったので、一度で全部見る体力がなかったため、映像を分けて全部眺めてみたが、ナスDに至っては1日目分だけで対戦してよゐこに勝利してしまったがために何かパッとしない放送内容だ。そもそもあと二日分は来年の1月13日に放送するって、「いやぁそんなの見ないから、一度に全部編集して放送しろよ!」と思った。もちろん13日分は見なかったなぁ。

続きを読む


【音楽引退】小室哲哉は結局は不倫したってことなのか・・・?

最近は世間を騒がせている小室哲哉氏が度々ニュース番組などで目にするようになったが、いつの時代も芸能人とは大変な立場だなと思いつつ報道を眺めていると、不倫疑惑の件で話題になっていた。んー小室氏は結婚は三度目だし、借金をかかかえてずいぶん大変な目にあった訳だが、それでも愛人とかできてしまうのかなと思いながらも見ていた。

小室氏の言い分では、不倫はしていないみたいな発言をしてたけど、あとからニュース報道などで上げられていた、にんにく注射の看護師とは腕を繋いでずいぶん仲良さそうにデートしていた写真はアレは一体なんだったのだろうか?


会見では嫁のKEIKO氏の病気の内容ばかり話して、不倫に対する話題からタゲそらしをしているとも感じる発言でしたが、自分が音楽から離れることが罪であるとして、なぜその罪を背負う必要があったのかなど、そちらの意見は述べずに会見は終わったので、結局は不倫をしたのか、していないのかどうもうやむやで終わしたという印象を感じますね・・・

もっとも不倫はしていないのであれば、何も音楽業界から引退する必要はなかったのでは?と感じますが、不倫したからこそ引退をしてケジメを付けるといった解釈なのでしょうか。いずれにしても小室氏の顔色から見ても、何を言いたいのか、嘘を付いているのかなど表情からは読み取れないというか、何かを隠して喋っているようにも見える。不倫の疑いがなければ、キッパリとしていないとだけ発言すればいいものの、なんか裏があるような喋り方なんだよね。

続きを読む


ジャッキー・チェン版のベスト・キッドを見た感想

少し前に地上波でジャッキー・チェン版のベスト・キッドの映画を放送してた。ベスト・キッドといえばまあアレだが、今回のやつはウィル・スミスの息子が主役で、ジャッキー・チェンがカンフーを教える内容の物語だった。全体的に見た感想は、子供たちの喧嘩がメインで、映画としての盛り上がりに欠ける内容だった。なんかウィル・スミスのコネが原因でこの映画ができたような感じがするのが非常に残念かな。脇役としてジャッキー・チェンという構図が何か勿体無い映画でした。

オリジナルのベスト・キッドは、なんか味があるというか、日本のタレントからマネされるようなシンプルな何かがあったような気がします。「ワックスを塗る・拭き取る」といった単純な動作から、自然と修行されて強くなる課程とか。それが今作も上着を脱ぐ、上着をかける、上着を床に落とすといった単純な動作はマネそのもので、オリジナルはコピーを超えられないという部分が視えてくる内容ですね・・・

今作はジャッキー・チェンは冴えない男として登場していた。他の主役やヒロインはなんか俳優というより、演技力を見てもやはり子供で面白みに欠ける。なんか話的に強引だなと感じる部分もあり、駄作感が少し感じられる内容でした。すごく退屈だったし、なんでしょう!この薄っぺらいものは・・・!?

続きを読む


カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。